声優になるには養成所が最短

声優になる方法とは?デビューの道を掴むための情報

*

モチベーションが下がった時のセルフ復活術5つ

      2015/04/29


life_39_mika600
声優になりたい!という夢に燃えて日々レッスンなどに励んでいても、ライバルの演技の良さや成長を感じ、自信を失ってしまうことがあります。
また、仕事や学業と両立する中で、ふとこの先を考えたときに不安に苛まれることもあるでしょう。

その心の揺れは、あって当然です。
一番良くないのは、揺れたままどっちつかずの不安定な状態になってしまい、前に進めなくなることです。
迷いのあるまま、本気でレッスンなどに取り組めないでいると、それこそが時間の無駄です。
また心が弱った状態のときに、同じようにやる気を失った他の生徒などと遊んだりして、傷を舐めあうような流れに巻き込まれてしまったら、復活するために超えなければならないハードルはどんどん高くなってしまいます。

そこで、気持ちが落ちモチベーションが上がらない時の脱出方法を考えてみたいと思います。

比べるのをやめる

自分より演技が上手い人を見たり、あるいは比較されて、焦りから気持ちが落ちてしまう場合があるでしょう。
こんな場合は「自分は自分」と割り切って切り替えるのが大切です。
落ち込んでグダグダしているよりも、自分の技術を磨き色々身につける方が、結果的にメンタルが落ちる場面を少なくできます。

客観的になる

メンタルが落ちている自分を客観的に見て疑問に思うことです。
「あれ?こんなところで立ち止まってて、本当に声優になれるのか?」
「こんな事でまごついてる人が、声優になりたいなんて寝ぼけてるのか?」
と考えれば、本当に声優を目指すあなたなら、目が覚めるでしょう。

小さな○が付けられる行動を取る

気持ちが乗らなかったり自信を失っているときには、本当は何をすべきか分かっていても行動が伴いません。
そんなときは乗らない気持ちのままでも、とにかく乗り越えられるレベルでいいので、課題を自分に与えて達成するようにします。
そして自分自身に「嫌なことを乗り越えた!」という暗示をかけます。これが小さな○です。

部屋の掃除をしてみる

何も考えずに部屋の掃除をするのです。
窓を開け空気を入れ替え、掃除機をかけたり、玄関を掃いたり…考えるのは部屋をキレイにすることだけ。
終わったあとに澱んだ空気が変わったのに気づけば、気分が変えられます。

誰かにアウトプットする

これは声優を目指す仲間ではなく、その世界を知らない人に受け止めてもらうのがいいでしょう。
ポイントは励ましや同調、否定などの意見を貰わず、聞いてもらうだけです。
煮詰まったときは、心の中で溜め込んだものを吐き出してリセットするのも効果的です。

最初にも書きましたが、気持ちのブレはあって当たり前なので、自己否定せずにまずはその気持ちを認めてしまうことです。
上記にあげた方法以外でも「この曲を聴く」「この本を読む」など、自分なりの方法を決めるのも良いので、落ちた時にスイッチをいかに切り替えるか、その方法を見つけておけば良いのです。

 - レッスン・稽古・練習

  関連記事

声優のレッスンって厳しいんですか?

声優になるためのレッスンというのは厳しいんですか? などと質問する方がいます。 …

目指せ完璧マスター!「外郎売」は声優の基本

「外郎売」(ういろううり)とは歌舞伎十八番の演目の一つです。 声優や俳優、アナウ …

集中力の重要性

働きながら声優を目指す人、中学高校・大学に通う学生さん。 いずれも一日の大半を、 …

声色を変えるのが芝居ではない

「周りからアニメ声だといわれる」「いろいろな声が出せる」というのを声優を志した動 …