声優になるには養成所が最短

声優になる方法とは?デビューの道を掴むための情報

*

声優のオーディションをガンガン受けたいんですが…

      2017/03/02


20140307182639-224S
声優になるために雑誌などを見て、オーディション情報をチェックしています、という人がいます。
あるいは実際に応募しています、という人も中にはいるでしょう。

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ということわざもありますが、声優業においてはこれが当てはまりません。
声優事務所・芸能プロダクションに所属していない、一般の人が雑誌やネットで目にすることができる「オーディション」というのは、デビューへの扉が開かれているように見えて、実はちっとも開かれていないのです。

他の記事でも既に書いてきましたが、作品などのタイトルを掲げて新人発掘!など告知すれば、声優志望の人はたくさん集まりますし、制作者側はそれだけで話題作りができ、効果的なプロモーションになります。
あるいは専門学校や養成所の生徒募集につながっている場合もあります。

作品タイトルを掲げているようなオーディションで、未経験の素人が合格・デビューに至ることはほぼありません。
アニメにしてもゲームにしても、制作するのは事業で収益につながらなくてはなりません。
ですから当然予算・スケジュールがあるわけで、素人を投入するリスクなどは普通は取りません。
あらかじめキャスティングも決まっているか、ちゃんと審査している場合でも、どこか養成所の出身者・事務所に所属している人が合格に至るわけです。

雰囲気を体験したり場慣れする、という意味ではそういったオーディションに参加するのもよいでしょうが、まずそれ以上のものは得られないことを理解しましょう。

もう一つは、専門学校や養成所の生徒募集につながる形式ですが、これも質によりけりですね。
著名な事務所所属が主催するもので、いきなりプロデビューではなく上級コースへの入校オーディションということであれば、まだ良心的です。
あなたが入所したいという養成所の主催であれば、応募してみる価値はあります。
しかし上級ですから簡単に合格できるものではなく、普通のコースに勧誘されるのは当然であることを認識しましょう。

また、実施の目的が明らかでなく、ゲーム・アニメ作品へ出演を匂わせているだけのオーディションは避けましょう。
これもあなたが参加して得るものはありません。
事務所といっても、仕事が回ってくることが無く所属させた声優からレッスン料を取るのが目的のところもあるので、見極めが必要です。

実際のところ、デビューにつながるオーディションの開催情報というのは、養成所で実力を認められ事務所預かり・所属になって、ようやく得られるものです。
もしレッスンや下積みを避けて、デビューを狙おうという考えであれば、奇跡的にデビューに至ってもその後絶対に失速しますから、そんな考えは今すぐ捨てなければなりません。
まずは養成所に入り、演技・技術や業界について学び、実力をつけて事務所を通じてデビューへの道を目指すのが王道です。

参考:声優の養成所として実績のある日ナレ
オーディションの開催は2015年1月現在行われていません。
4月と7月の年二回入所の機会があり、面接はその前に実施されています。
資料を請求して入所の検討をしてみてはいかがでしょうか。無料体験レッスンへの参加も可能です。
参考:日本ナレーション演技研究所
◎ 資料請求先(無料)
日本ナレーション演技研究所公式サイト
※ネットから資料請求できます。

 - オーディション・デビュー

  関連記事

ド素人が一般公募オーディションから声優になるという幻覚

声優や業界に憧れ、オーディションを受けることを考えている中学生や高校生は実に多い …

「なりたい!」だけでは声優になれない

「声優になりたい!」という気持ちをしっかり持ち続けることは、その実現にあたっては …

劇団に入るのが声優デビューの近道?

現在活躍されている声優さんの経歴に、過去劇団に所属していた、あるいは現在も舞台活 …

養成所に入らなくても声優になれる方法

養成所に行かなくても声優になれるのでしょうか? なれるかなれないかだけでいえば、 …

養成所と専門学校、声優デビューに近いのはどっち?

声優志望の中学生や高校生の方々の中には、卒業後の進路として養成所に行くのか、専門 …